読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あかりちゃんのお出かけ(あかりちゃんの研究室)

あかりちゃんです。鉄道の話多め、文章はだんだん雑に。

2008年2月の東武鉄道,野岩鉄道,会津鉄道 東武6050系 JR485系きぬがわ号 元名鉄キハ8500系AIZUマウントエクスプレス

2008年2月、今(2017年2月)から約9年前に鬼怒川方面に旅行に行った際の記録です。
今は見られない車両もあれば、今と変わらない部分もありますが、新型特急リバティの導入を中心とした東武鉄道のテコ入れで、大きく様相が変わりそうな鬼怒川地区の鉄道を取り上げてみたいと思います。
 
2006年の区間快速新設で、このころにはすでに快速は貴重な存在に。
 
 
JR485系による特急きぬがわ号。東武線を走る485系、一度乗ってみたかったです……。日光線内は120km/hで爆走していたのでしょうか。
 
 
浅草口への乗り入れがなくなると噂の6050系。個人的には残念ですが、都内に2ドア車が乗り入れても邪魔なだけなのでしょうね。西武4000系も池袋口への乗り入れは休日に限定されていますし……。
 
 
ところは変わりまして野岩鉄道川治温泉駅川治温泉で一泊した後の写真です。
 
名鉄キハ8500系で運行されていたAIZUマウントエクスプレス。もともと高速運転を前提に設計されていたキハ8500系会津鉄道には不向きでエンジン回りの劣化が激しく、車齢の割に早めに引退することになってしまいました。
 
 
名鉄特有のレタリングも健在でした。
 
 
土休日を中心にJR磐越西線喜多方駅まで足を延ばしていたAIZUマウントエクスプレス。私鉄とJRを直通するという意味では名鉄時代も会津鉄道時代もその役割は変わりませんでした。会津の山奥からは引退してしまったキハ8500系ですが、一部の車両は遠く離れたマレーシアで再び活躍しているというのも興味深いですね。そんなしぶとさもキハ8500系が名車であり続ける理由なのかもしれません。
 
 
専用の幕も用意されていました。
 
 
龍王峡駅にて。この駅に浅草行きの無料優等列車が来ることもなくなってしまうかも!?
 
 
 
 
          
こちらも区間快速浅草行きの写真。
 
 
 
 
 
 
 
こちらは今後も活躍を続けるであろう日光鬼怒川会津地区のローカル運用。浅草口での運用はなくなっても、末長い活躍を期待したいところです。
 
 
あかりショッピングセンター
~おしまい~

真夏の西日本周遊 九州編 その03 日豊本線を下るPart2 2015.8.15

真夏の西日本周遊 九州編

   

宮崎~宮崎空港間は青春18きっぷだけで特急に乗れる特例区間です。乗車時間はわずかですが、得した気分になりますね^ ^。




駅を出ると目の前は空港です。
当たり前だけど……。



宮崎は鉄道でも自動車でも時間がかかって行きづらい場所というイメージ。寄り道せずに行くなら飛行機がベストでしょう。



宮崎へ戻る列車は817系。



何の変哲もない無人駅、蓮ヶ池駅にやってまいりました。



たった2駅ですが、713系に乗るために無理矢理編み出した行程です。乗り放題の切符だからこそできる芸当。



宮崎駅名物、ホーム別改札。
駅近くのマックスバリューで飯を買っていたら思いのほかギリギリの時間になって駅舎の写真が撮れなかった。


キハ47の架線下DCで日豊本線をさらに南下します。吉都線直通吉松経由隼人行き。地元の高校生が「吉松ってどこだよw」って言っていました。



南宮崎で少々停車時間があったので、留置されていた713系を撮影。713系は日中の間4本中3本が車庫でお休みということです。意外と運用が少ないのですね。



列車の行き違いのための停車。駅名は忘れてしまいました^ ^;



幹線なのに線路は草がボウボウです。長大なローカル線といった感じ。



信号場などで度々列車の行き違いをしながら都城を目指します。
それにしても、さすがキハ40系列なだけあって遅い。817系だったらもっとサクッと走って行ってくれそう……。



ようやく都城に到着。キハ40は吉都線へ行ってしまうので、私はここで乗り換え。





駅の様子。



都城からはおなじみ817系にお世話になります。都城~国分間も普通列車が少ないことで有名。小倉から日豊本線経由で鹿児島に向かう際に通る最後の関門です。



国分駅。ついに鹿児島県に突入です。
雨が降り始めて台無し……。



415系の川内行きがあったので、そちらで鹿児島を目指すことにします。



だいぶ暗くなってきました。



桜島も見え始めて、本日のゴールが近づいてきました。
それにしても、うわさには聞いていましたが、鹿児島県内の日豊本線は揺れる揺れる^ ^;



19時17分、鹿児島駅到着。日豊本線完乗です!!




ホームも駅前も県庁所在地の駅とは思えないくらいの寂れ具合。それもそのはず、鹿児島市の中心駅はお隣の鹿児島中央駅。新幹線はそちらを発着しています。



ブレブレですが……。一応鹿児島駅前から市電が発着しているので、それで本日の宿に向かいます。



ホテルに荷物を置いた後は、枕崎でとれた魚を使った寿司を食べに行きました。


~つづく~



真夏の西日本周遊 九州編 その02 日豊本線を下るPart1 2015.8.15

真夏の西日本周遊 九州編

  

この日のスタートは大分駅から。駅の自由通路は自転車で通行する人も見受けられました。



いろいろな行先が表示されている電光掲示板を見ると、旅の気分が高まってきますね。私が乗るのは9時14分発の普通列車佐伯行きです。



この日からは基本的に18きっぷ利用なので、普通列車がメインの旅になります。415系佐伯行き。






下ノ江駅では列車交換のためしばらく停車。南国の雰囲気が強くなっていきます。








大分から1時間半ほどで佐伯駅に到着です。もはや最果てまで来た気分。



佐伯の駅舎。



佐伯から宮崎県の延岡までは普通列車の本数が恐ろしく少ない(一日3往復)のため、特急列車を利用します。さすがに夕方の普通列車までは待ってられないので……。



佐伯~延岡間は特急でも1時間ほどかかります。各駅とも一線スルー化などの高速化工事もされておらず、大分宮崎両県間の人の移動の少なさがうかがえます。



かつては高千穂鉄道との乗換駅だった延岡駅ですが、現在は日豊本線が乗り入れるのみ。工事が進み、高千穂鉄道の面影はなくなっていました。



延岡駅舎。



延岡は旭化成のいわゆる企業城下町ですが、駅周辺は特筆するようなことはありませんでした。



延岡からは再び普通列車の本数が増えます。ホームに停車していたのは817系。宮崎地区の主力車両です。



宮崎・鹿児島地区の817系は青色のCTが目印。



隣のホームには713系が入線してきました。こちらは折り返し1時間後の普通列車になります。乗りたいのはやまやまですが、先に発車の817系に乗って一気に宮崎へ行きます。


~つづく~

真夏の西日本周遊 九州編 その01 一気に大分へ 大分の415系を楽しむ 2015.8.14

真夏の西日本周遊 九州編

九州まで18きっぷで行くと時間がかかって仕方ないので、断腸の思いで新幹線を使います。もちろんのぞみ号に乗るのですが、700系が停車していたので、記念に一枚撮影しておきました。


東京から4時間以上かけて小倉に到着。飛行機よりは時間がかかりますが、在来線を使うよりは圧倒的に早いです。
それでも4時間は結構疲れる……。



小倉からは贅沢にも特急ソニック号を利用。立石峠を越える普通列車が少ないので仕方ありません。それにしても、山陽新幹線から日豊本線特急に乗り換える際に乗り継ぎ割引が適応されないのには驚かされました。まぁ、乗り継ぎ割引自体が縮小傾向ですから……。



普通列車を乗り継いで、乙津川にかかる鉄橋でしばし撮影します。







元勝田車を撮影できたので良しとしましょう。



撮影地の最寄り駅「鶴崎」。



415系で大分に戻ります。ボックスシートの車内がたまらないですね。



大分駅に着いたら、反対側のホームに佐伯行きの415系が入線してきました。



九州で415系は脇役的存在ですが、大分地区に関しては朝から晩まで比較的まんべんなく415系の列車が運行されています。





大分の列車たち。



いったん駅を出て、ホテルへチェックイン。荷物を置いて出かけます。



415系に乗って大分市の端、幸崎駅までやってきました。



虫の鳴き声が響き渡る夜の幸崎駅。暗くて駅の周りはよくわかりません。






元勝田所属のFo507編成を心行くまで楽しみます。このブログでは何回も登場しているので、詳しい説明は不要でしょう^ ^。



大分駅に戻ると、小倉行きの415系が停車していました。立石峠を越える415系は希少な存在。



一方Fo507編成は折り返し佐伯行きになりました。夜遅くにもかかわらず、大分車の運用の南限まで行くとは……。




大分まで来るキハ47は意外と少ないです。



キハ220系。こちらが久大本線,豊肥本線の主役。



キハ185九州横断特急。撮影はこの辺で切り上げ。



テーブルが震えるくらい大きな声で接客してくれるラーメン屋で晩飯を食べて、この日はおしまいです。


~つづく~

初海外・台湾 その08 台湾高鐵(台湾新幹線)&帰国 2016.3.8

初海外・台湾
3泊した六福ホテルとも今日でお別れ。フロントの人に日本語が通じたのがありがたかったです。旅行前にネットで口コミを見たら「換気扇が爆音をたててる」といった書き込みがあって不安でしたが、何の問題もなく快適に過ごさせていただきました。機会があればまた利用したいですね。


早朝なので誰もいません。奥のほうでセブンイレブンの看板が輝いているのみ。


台北の信号機は信号が変わるまでの時間が数字で表示されています。赤に変わる直前になると、青い人の絵が走り出して、わたっている人を急かしてくるのが面白いです。


早朝なのでMRTのホームもガラガラ。


日中は高頻度で運行されているMRTも早朝は本数が絞られています。それでも6分ほど待てば電車は来るので、あまり不便ではありません。


台湾高鐵。前日に6時30分の便の切符を購入してあります。



これが台湾高鐵の切符です。台北MRTの切符はすべてIC化されていますが、台鐵や高鐵は自動改札機に切符を通すかたちになっています。



高鐵の改札口




台湾南部の高雄市左營まで行く列車です。



見るからに日本の新幹線って感じですね。



外観は700系新幹線にそっくりなT700型。



日本に帰ってきたのではないかと思えるほど、車内も新幹線そっくりです!
分岐器はドイツ製、列車無線はフランス製であるなど、純日本製ではないですが、乗り心地は新幹線そのもの。




途中「板橋駅」をとおり、あっという間に桃園駅に到着。



どこか空港のような雰囲気を醸し出す桃園駅のコンコース。




利用者数の割には過剰な規模の気もする駅舎。




ここからはバスに乗って桃園空港まで向かいます。
台北市内から空港までは直行のバスが出ているため、あまり高鐵とバスを使ったルートは推奨されていないようです。ホテルのフロントで話した時も「桃園空港、鉄道で行く人いない。バスが便利、ホテルの前から乗れる」とめちゃくちゃ驚かれました。
まぁ私は鐵路迷(台湾で鉄道ファンをあらわす単語)なので、不便でも気にしませんし、むしろ高鐵に乗れて楽しかったです。そうでなくても所要時間でいえば高鐵利用のほうにも分がありますから、旅行慣れしている人にはお勧めしてみたいルートですね。
いずれ桃園空港までのMRTが開通するらしいので、このルートも過去のものになるのかもしれませんが。



無事台湾桃園空港到着です。お土産を買いつつ、飛行機の時間まで小休止。



結構端のほうまで歩かされました。
桃園に降りたときの写真からもお分かりいただけるように、霧がすごかったため飛行機は遅延気味でした。まぁ日本に帰るのはどんなに遅れても問題ないので行きほど神経質にはなりません。





帰りの機内食。エコノミーの分際でも2種類の中から選べます。行きはソフトドリンクを頼みましたが、帰りは調子に乗って赤ワインをいただきました。気流の乱れの中揺れまくる飛行機で飲むワインは格別です(爆)。


結局成田には定刻で到着。
ちょうどいい時間にアクセス特急があったので、お土産が詰まったクソ重たいカバンを持ちながら京成線やら半蔵門線やらを乗り継いで家に帰りました。
キャリーバック買ったほうがいいのかなぁ……


~おしまい~

台湾いいところでしたねぇ。第二外国語を中国語すればよかったかと思うくらいです。
台湾のタピオカチェーン「50嵐」にも行ってみたかったし、今回は鉄道旅行ではなかったので台鐡も高鐵も消化不良感がありますし。
今度行くときは簡単な中国語会話を勉強してから訪れたいですね。
 
 
前回
初回
01    02    03    04    05    06    07    08
投稿日時:2016-8-6 21:36:53

初海外・台湾 その07 台北市内観光part3 士林夜市 2016.3.7

初海外・台湾

すっかり日が暮れてしまいました。台湾名物、大量のバイク。




こんなお店にやってまいりました。





マンゴー味が売り切れということなので、それ以外の味をチョイス。ここに来る前もかき氷食べているのに3つも注文するというバカなことをやってしまいました(爆)。結局食べきれず、大量に残す羽目になって、店員さんも目を丸くしていました。
そりゃそうだ。


そのごいったんホテルに戻り、次の場所へ繰り出していきます。



看板に書かれているとおりです。



美食地下街。



怪しげな電飾に誘われて、ボロボロなエスカレーターで地下へと入っていきます。




日本語やら韓国語やらいろいろな言語が飛び交っています。こちらでビールを飲みながら晩飯をいただきました。



飯を食べた後は散策タイム。



提灯の嵐。



日本でいう神社みたいなものでしょうかね。
台湾に神社なんてあるのか怪しいけど……



日本だとディスカウントスーパーのイメージが強いですが、台湾にはOKストアのコンビニがあります。



劍潭駅。士林の一つ隣です。ここからMRTに乗って、一度台北駅に行き明日の切符を買ったあと、ホテルに戻ります。



ホテルも夜になると提灯に明かりがともって、なかなかいい雰囲気ですよ!!

yuugurenokaigan.hatenablog.com


つづく
前回
初回
01    02    03    04    05    06    07    08
投稿日時:2016-8-3 0:55:50

初海外・台湾 その06 台北市内観光prt2 台北101 2016.3.7

初海外・台湾
mango chachaのかき氷。原宿と秋葉原にも出店しています。このかき氷の名前は「元カレ」。元カレとでも食べたいおいしさという意味があるのだと店員が解説してくれました。


タクシーの客待ちの列。


台湾のバスは右左折の時、曲がる方向を行先表示器で教えてくれるのが興味深かったです。
LEDが切れちゃってるからうまく様子が伝わらないのが残念……


台北101にやってまいりました。高い高い。


中に入ってみたいと思います。


下層階はどこにでもありそうな百貨店になっています。


地下に高品質のスーパーマーケットが入居しているのも日本とそっくり。取り扱っている商品も日本のものが多いのには驚きました。もう少し現地のものがあるほうがこちらとしては面白かったのですが……。


世界最速のエレベーターで上の階まで行きます。日本製のエレベーターでしたね。東芝だったかな。




台北市内を一望!!
 

展望台に出てみたり。まぁガラスがないだけで見える景色は変わりません。





台北101のキャラクター。かわいいですね!!


だいぶ暗くなってきたところで台北101とはお別れです。
前回
初回
01    02    03    04    05    06    07    08
投稿日時:2016-8-1 22:39:29