読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼくのオタク人生(あかりちゃんのお出かけ)

鉄道の話多め、文章はだんだん雑に。

初海外・台湾 その05 台北市内観光part1 故宮博物館・中正記念堂 2016.3.7

この日は一日中台北市内を観光します。まずは故宮博物館へ。博物館まではバスで向かいましたが、相変わらず運転が荒っぽい^ ^;





故宮博物館はこれでもかというほど"白菜"を推していますが、私が行ったとき翠玉白菜は別の博物館で展示中でした。さらに、故宮博物館から最寄り駅までのバスの本数が平日日中は毎時1本という想定外の事態。仕方なくタクシーを使用。トホホ……。
行きのバスがすぐに来たのはたまたま運が良かっただけみたい。



こちらのパン屋さんでお買い物。



淡水信義線士林駅。地下鉄ですが、この区間は地上を走ります。



いい感じに撮影できる場所がなかったので、こんな画像しかありません。独特の変調音がするVVVF未更新車に乗りたかったのですが、私が乗る反対方向の列車ばかり未更新車で、肝心の私が乗る列車は更新車ばかり(泣)



最寄り駅は忘れましたが、こちらの東門餃子館というお店で餃子をいただきます。





水餃子やら焼き餃子やら。とてもおいしかったです(ボキャ貧)。



鼎泰豐(ディンタイフォン)。日本でも百貨店のレストラン街などに出店していますが、やはり本店が近くにあるとなれば行きたくなってしまいますよね。すごくたくさんの人が並んでいましたが、東門餃子館に行く前に整理券をもらっていたので、スムーズに入店することができました。
実は先に鼎泰豐に来たら激混みだったから、整理券だけもらって、待ち時間に東門餃子館に行ったのでした。




写真の腕がひどすぎて全然おいしそうに見えませんけど、並んだ甲斐がありました。日本でも食えるんだけどね。カニと、豚と、もう一つが何だったかは忘れてしまいました(爆)。



満腹になったところで、再びMRTに乗って次の場所へ。こちらは淡水信義線(赤)と松山新店線(緑)が乗り入れる中正記念堂駅。



地上に出ます。この一帯は日本でいえば霞が関に相当するような場所でしょうか。








中正記念堂。蒋介石に対する哀悼の意を込めて建てられたものです。「蒋中正」が蒋介石の本名なのだそうです。



天井。国章が目立ちます。


蒋介石像の両サイドに衛兵がいましたが、ピクリとも動きませんでした。大変そう……。



記念堂の広場ではアナと雪の女王のイベントがやっていて景観ぶち壊し……。ほかの観光客も嘆いていました。もう少し場所を考えられなかったのでしょうか?はなはだ疑問です。


のんびり見学していたら、少し雨が降ってきたので、速足でMRTの駅まで行って次の目的地に向かいます。
雨なんてきいてねえぞ
 
前回
初回
01    02    03    04    05    06    07    08
投稿日時:2016-7-24 10:38:14

初海外・台湾 その04 九份(イ分) 2016.3.6

瑞芳駅に戻ってまいりました。ここからは鉄道では行けない場所に向かうので、バス乗り場を探します。バス乗り場であたふたしていましたが、地元の人が助けてくれたので、何とか正しいバスに乗ることができました。
バスって難しい^ ^:


山道をぶっ飛ばすこと20分くらいで九份に到着。人多っ!!



平渓線の時は台湾の人と韓国人が多かったですが、こちらはあちこちで日本語が飛び交っていました。



すごい霧。何も見えません……。



こちらのお茶屋さんで台湾茶をいただきます。










実演もあり、おいしいお茶菓子もセットで、眺めも良く、大変満足でしたが、唯一不満を挙げるとしたらお土産屋がなかったことでしょうか。お茶菓子が気に入っただけに残念でした。





日が暮れるまではひたすら飲み食いです。当然海外なのでお口に合うものと合わないものがあるわけですが……。たまにハズレを引きます(爆)。





ビール飲んでほろ酔い気分に浸っている間に日が暮れていました。



これですよ、これこれ!!私の腕のせいか、写真にすると感動が減ってしまいますが、すごくよかったですよ!!



台湾のルールである右側通行を守らない日本人が多くて、現地の人が叫んでいましたね……。郷に入っては郷に従えです。



帰りのバスがどれも満員で、かといってあまりタクシーは使いたくない。ということで、必殺折り返し乗車を発動しました。九份のバス停で待っている大勢の人を横目に台北まで直行!!
本当は帰りも瑞芳から台鐵で帰りたかったんだけどね。バスの運転手がケチで台北まで行く客しか乗せてくれなかった……



ホテルに戻ったら台湾産の青島ビールと台湾ビールを飲み比べて、クソ辛いカップラーメンを食べて翌日に備えました。

yuugurenokaigan.hatenablog.com


つづく
前回
初回
01    02    03    04    05    06    07    08
投稿日時:2016-7-12 1:12:34

初海外・台湾 その03 平渓線の旅 2016.3.6

こちらが平渓線の主力、DR1000型気動車。どことなく日本のローカル線を走っていそうな雰囲気ですが、それもそのはず。製造メーカーは日本車輌製造です。



ガラガラのローカル線だと思っていましたが、台湾人の観光客がたくさん乗っていて車内は満員でした。フリー切符を有効活用しようということで、まずは十分駅で下車。



十分駅では列車の行き違いがあります。



十分老街。平渓線の線路には人がたくさんいますが……、



列車が通るときは線路内から出ていきます。



列車が通り過ぎたら、再び線路に人が現れます(笑)。



日本にもありそうな遊歩道をひたすら歩きます。暑い……。



しばらく歩くと、こんなところに着きます。



十分瀑布。台湾のナイアガラとも言われています。



虹がきれい^ ^



滝の周辺は公園として整備されています。インドにでも来た気分。



十分瀑布から十分駅に戻る途中には、平渓線を撮影できる橋があります。ちょうど列車が来る時間だったのでパシャリと一枚撮影。



ここで十分瀑布とはお別れ。



来た時とは違う道を通って十分老街に戻ります。



十分老街に戻ってまいりました。十分瀑布公園までは1km以上歩いていたんですね^ ^;



本当はあの線路を歩くことは禁止なんですね。罰金の規定もあるようですが、現状では線路への立ち入りは見て見ぬふりです。



十分駅から平渓線の旅再開。時間が結構ギリギリでした。平渓線は一時間に一本しか列車がないため、一本逃したら今後の行程が崩れてしまいます。



次の下車駅は平渓。



この坂を下って行ったところに行列のできるソーセージ屋があったので、そちらでソーセージを食べましたが、味付けが甘い……。
台湾の人的にはこれがおいしいんだろうけど、俺の舌には合わずに撃沈。




圧倒的な存在感を放つファミリーマート



なんとなく一枚。



平渓駅に戻ります。
隣の駅が終点なので、いったん菁桐駅まで行ってから、瑞芳方面へ折り返していきます。
フリー切符は有効活用しなきゃね

帰りは瑞芳まで来た道を戻るだけなので大爆睡です(爆)。台湾は比較的治安が良好なので特に何か盗まれたりはしませんでしたが、少し不用心すぎないかと反省^ ^;

yuugurenokaigan.hatenablog.com


つづく
前回
初回
01    02    03    04    05    06    07    08
投稿日時:2016-7-6 11:20:54

初海外・台湾 その02 台鐵に乗る、台北→瑞芳 2016.3.6


この日は台北駅からスタート。日本でも最近人気の台鐵ですね。



奥には高鐵のホームもあります。



予定の列車が来るまで少々撮影タイム。こちらはEMU700型。



EMU800型。



こちらは東武鉄道とのタイアップが決定したTEMU2000形普悠瑪列車。日本の特急列車に相当します。



こちらの列車で終点の瑞芳まで向かいます。



途中駅では特急列車の通過待ち合わせなんていうイベントも!!



沖縄を少し都会にした場所を鉄道が走っている、という感覚でしょうか。変化に富んだ車窓が楽しいです。



瑞芳駅に到着。ここまでお世話になったのはEMU500型電車。



いったん改札を出ます。



平渓線は秋田県鳥海山ろく線と姉妹路線なんだそうです。
台鐵いろんなところと仲良くなりすぎな気が……



平渓線の一日乗車券を購入。これを日本に持ち帰ると江ノ電にタダで乗れるようです。



ちなみに瑞芳の駅前はこんな感じ。雑然としていますね^ ^
 
 
前回
初回
01    02    03    04    05    06    07    08
投稿日時:2016-6-30 21:47:37

初海外・台湾 その01 出国 2016.3.5

初の海外旅行です。わくわくドキドキ!!
往復の飛行機とホテルを合わせて6万円でした。


スタートは羽田空港です。成田まで行かなくていいので、朝ゆっくりできるのがいいですね。



!!!
搭乗予定の便が3時間遅れ……。ただでさえ台北着は夕方だというのに、トホホ……。



お詫びということで、一人1000円分のミール券をいただきました。ちなみにビジネスクラスの方は2000円分もらえたそうです。こんなところにも格差が!!まぁ、値段が全然違いますから……。



3時間遅れで羽田を出発。台湾とはいえ立派な国際線ですから、しっかりした機内食が提供されます。メインディッシュが温かいのがうれしい。肉団子は冷え冷えだけど^ ^;





台北松山空港到着。漢字圏ということもあって案内板を見れば大体のことが理解できるので初海外の割にはスムーズ、と言いたいところですが、書類に不備があったため入国のところで止められてしまいました(爆)。滞在ホテルをカタカナで書いていたのが問題だったようです。海外旅行不慣れなのがバレバレ。



さすが、海外だけあって日本とは空気が違いますね。若干臭いような……。



台北捷運文湖線松山機場駅。今回はMRTには乗りません。



ファミリーマートで悠遊カードを購入。これ一枚で台北市内の移動が楽チンになります。



日本時間でいえば21時頃ですが、一日移動だけではアレなのでおいしいパイナップルケーキのお店に行きました。


初めて食べたパイナップルケーキが絶望的にまずかったので苦手意識がありましたが、このお店のパイナップルケーキはとてもおいしかったです。


おいしいパイナップルケーキを食べた後はタクシーでホテルに向かいます。結構スピード出すし、ガンガン車線変更するしで、海外の洗礼を受けますw。



明日の行程をスムーズに進めるために、台北駅を偵察。



こちらは券売機。明日の列車の時間を確認して準備万端です!

(晩飯は……、予定していた店が貸し切りだったので泣く泣くモスバーガーでいただくことにしました。モスチーズバーガーを注文したのですが、提供まで10分くらいかかったし味は日本のものと全然違うし……、う~んイマイチ。)
01    02    03    04    05    06    07    08
投稿日時:2016-6-22 19:25:48

白川郷へ行く その03 兼六園と飛騨高山 2015.3.22

イメージ 1この日の朝は兼六園の見学です。一度来ているので細かいことはすっ飛ばし~~。
 
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
イメージ 5
 
イメージ 6お茶とお団子をいただきました。お茶のほうが、これまたおいしかった^ ^
 
 
イメージ 7場所は変わりまして、飛騨高山でございます。日本一面積が広い市だいうことで、その大きさは東京都に匹敵するそうです。
 
 
イメージ 8
 
イメージ 9メインストリートから裏道まで観光客でいっぱい。
 
 
イメージ 10囲炉裏端のいい雰囲気なお店で、地酒ゼリーをいただきます。
 
 
イメージ 11ここの川沿いで宮川朝市が開かれます。朝市とはいっても12時くらいまで開催しているそうです。私が行った時にはすでに終わっていましたが……。
 
 
イメージ 12旧市役所、だったかな?
 
 
イメージ 13飛騨牛串。うまかった^ ^。
 
 
イメージ 14一時間くらいの滞在で高山観光はおしまい。当然しっかり見て回ることなどできないので、再訪確定です。
 
 
あとはバスに乗って新宿に戻るだけ、のはずだったんですが、いろいろあってごにょごにょ……。
最終的には無事に家に着いたのでよかったですが、やはりバスツアーとは相性がよくないのかな(汗)
 
 

~おしまい~

前回

01    02    03

投稿日時:2016-5-30

白川郷へ行く その02 金沢駅見学 2015.3.21

一日の行程をすべて消化した後は宿まで一直線。
夕食まで自由行動です。宿泊する場所は駅前なので、やることは一つ。
 
 
イメージ 1
北陸新幹線開業に伴い大きな変化があった在来線の様子を見に来ました。運賃表にもIRいしかわ鉄道の文字が載っていて並行在来線が別会社になってしまったことを痛感します。
 
 
イメージ 2
七尾線415系800番台。大きな動きはないかと思われましたが、老朽化が激しい編成を中心に413系に置き換えられたそうです。
いつまで走ることやら。
 
 
イメージ 3
681系のしらさぎ色とJRに残留した521系の並び。
 
 
イメージ 4
521系413系の並び。
 
 
イメージ 5
あいの風とやま鉄道カラーになった521系です。これはこれで似合ってる^ ^
 
 
イメージ 6
なんだこれはww.。レール運搬の臨時列車ですね。
 
 
イメージ 7
JRとIRいしかわ鉄道の改札は分離されていません。5番のりばの電光掲示板には新幹線開業と同時に誕生した七尾線特急「能登かがり火」号の表示が。
 
 
イメージ 8
クハが455系の413系。JRの急行型電車の残党として新幹線開業後も活躍を続けています。
デッキが撤去されていたり、ボックスの数が大幅に減っていたりで車内の雰囲気は結構違いますが……。
 
 
イメージ 9
七尾方のクモハは普通の413系です。
 
 
イメージ 10
在来線の改札は新幹線開業後も相変わらず有人改札
 
 
イメージ 11
金沢駅の太鼓門。夜に来るのは初めて。ライトアップされた姿も美しい。
 
 
イメージ 12
 
イメージ 13
夕食はありがちな食べ放題という感じでした。
 
 

yuugurenokaigan.hatenablog.com

つづく

前回

01    02    03

投稿日時:2016-5-21