あかりちゃんは文句が多い

僕が思ったことを書き留めておくメモ帳です。

415系も余命あとわずか!? 821系導入の話

f:id:zaihoudx:20180202202137j:plain

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

先日発表されたJR九州の新型車両、821系とYC1系。821系は福岡地区向けの、YC1系は長崎向けの車両となるようです。

YC1系は平成30年1月に1編成、821系は平成30年2月に2編成が投入されることが発表されていましたが、追加で平成31年(2019年)以降にこれらの新型車両が40編成投入されることがわかりました。

新型車両も興味深いところですが、国鉄型車両好きの僕としては置き換え対象の車両が気になるところ。

YC1系は長崎地区のキハ66・67系を、821系は415系鋼製車を置き換えるものと思われます。たぶんキハ66・67系は完全に新型車両に取り換えられるだろうとして、415系は一体どれだけ置き換えが進むのか。

現在分かっていることは、YC1系が1編成、821系が2編成投入されることと、これらの新型車両が追加で40編成投入されること。

これらの情報をもとに、今後の置き換え車両を検討してみました。

キハ66・67系→14編成

415系大分車→19編成

415系鹿児島車→6編成

置き換えの対象になりそうなのはこの辺の車両。

新型車両43編成のうち14編成は長崎向けのYC1系、残りの29編成が821系になると予想。

あれ??

これって、415系鋼製車まるごと置き換えられちゃうのでは??

大分と鹿児島の415系合わせても25編成しかないし……。

821系が4編成多く製造されるのは、415系が4両編成、821系が3両編成であることから生じる輸送力の差を埋めるためだと考えると、新型車両の投入数は415系を完全に置き換えることを念頭に決められたのではないかとさえ思えてしまいます。

 

九州から415系鋼製車が消えてしまうのも、そう遠い未来の話ではないのかもしれません。

f:id:zaihoudx:20180202204524j:plain

 

リバイバルカラーになる前の119系E4編成

f:id:zaihoudx:20170519211545j:plain

119系E4編成と言えば、旧塗装にリバイバルされていたことで有名だった。水色と白の組み合わせは、飯田線の中でも異彩を放っていたし、これに出会えた時は、ぼくも嬉しかった。

 

119系E4編成の解説はこれくらいにしておいて……↓↓

 

f:id:zaihoudx:20170519211805j:plain

驚いたことに、後日自分の写真フォルダを漁ってみたら、なんと、旧塗装になる前のE4編成を撮影していたのだ!!!!

いや~~、不思議な運命。

そもそも119系にカメラを向ける機会はほとんどなかったのに……。

E4編成とは何かの縁があったのかも^ ^




北陸本線の食パン電車419系 トップナンバー車と出会う 2011年1月9日

f:id:zaihoudx:20170519205032j:plain

特急電車には次々に新型車両が導入されていく中、普通電車はボロばかりだった北陸本線。なかにはこんな、やっつけ仕事で作られたような電車も走っていた。

 

 

f:id:zaihoudx:20170519205059j:plain

2011年1月9日に北陸を訪れた日、ぼくは419系のトップナンバーに乗ることができた!

トップナンバーに特別な意味があるわけじゃないし、419系は改造車だから、なおさら意味はないけれど、うれしかった!!

 

 

f:id:zaihoudx:20170519204908j:plain

この日は、直江津~富山を往復したが、行き帰りとも419系に当たった。片道くらい475系に乗りたかったなぁ、なんて考えていたあの頃が懐かしい……。

ちなみに、この時点では413系直江津に乗り入れる運用は無かった。北陸本線直江津糸魚川間は、419系と475系の独占場という、鉄道ファンにとってはうれしい、一般客にとっては早く車両を更新しろと言いたくなるような、そんな区間だった。

 

 

これは、その日に録音した419系の走行音だ。107系みたいな音がして驚いたよ!!




JR広島駅にやってくる色とりどりの電車たち 国鉄広島 2010年8月9日

今では227系が大量に導入されて大幅に近代化した広島地区のJRだが、数年前までは旧国鉄が製造したボロい電車ばかりで、「国鉄広島」「國鐵廣島」などと揶揄されていた。

これはそんな時代の、とある日の広島駅の記録である。


s-DSC_3021
山陽本線可部線の並び。広島地区の115系体質改善車は、いわゆる「カフェオレ」ではなく「ミルクオレ」カラーなのが特徴だった。

s-DSC_3018
可部線可部行き。このときは、まさか可部行きの電車が消滅するとは思っていなかった。

s-DSC_3011
こちらはパンダ顔の105系。このころはまだ、黄色一色の105系は登場していなかったようだ。

s-DSC_3017
湘南色113系。京都から転属してきた車両。広島のしきたりに合わせて前面の幕は不使用である。それにしても、もう少しマシな方法はなかったのだろうか???

s-DSC_3032

s-DSC_3034
103系広D-01編成。広島の103系は3両編成のD編成と、4両編成のB編成が存在した。2010年8月時点では、B編成が113系へ順次置き換えられており、その姿を見ることはできなかった。
逆に、D編成は置き換えの予定はなく、呉線安芸路ライナーをメインに活躍していた。
227系が登場したら真っ先に置き換えられてしまったが。

s-DSC_3025
いわゆる「末期色」に塗られた115系3000番台。経費削減のために推し進められた、鋼製車両の単色化。
限界まで使い倒す気満々に見えたが、意外とあっさり新車の導入が決まったのには驚いた。
115系3000番台は2ドアなのが災いして、広島都市圏からは速攻で締め出されてしまった……。

s-DSC_3027
芸備線キハ47形。こっちは2017年時点でも全く姿を消す気配を感じないが、ほとんどが朱色一色に塗り替えられてしまったため、これはこれで貴重。ディーゼルカーなのに長編成、というのもポイント!!

s-DSC_3036
2010年当時、広島駅に唯一乗り入れていたステンレス車両、それがキハ120。芸備線広島口では1日2往復のみのレアキャラ。
この列車は2017年時点では、普通列車に格下げされているが、運行区間福塩線の府中まで伸びるという、不思議な化け方をしている。

少し昔の広島駅の写真、お楽しみいただけただろうか??



西武の独立線系統、多摩川線に残っていた旧101系とJR中央線201系

西武鉄道には、ほかの西武線と接続していない、いわゆる独立線が存在している。

route-map--whole-line
(出典: https://www.seiburailway.jp/railway/ )

路線図の下の中央付近にある「多摩川」がそれにあたる。
中央線の武蔵境駅から是政駅までを結ぶ、短い路線だ。
白糸台駅京王線武蔵野台駅が、是政駅南武線南多摩駅が、それぞれ徒歩圏内なので、トラブルの際は意外と役に立つ路線でもある。

西武の他の路線と繋がっていないことから、車両のやりくりには苦労しているように見受けられる。
そのため、多摩川線は西武線で一番古い電車が残る傾向がある。

特に、JR中央線高架化工事の時は、多摩川線とJR中央線を結ぶ線路が分断されていたため、車両の更新ができずにいた。

s-DSC_2630
西武旧101系。ほかの西武線ではすでに引退していた車両だが、車両の入れ替えができない多摩川線で最後の活躍を続けていた。

s-DSC_2642
現在はこのあたりに、西武とJRをつなぐ線路ができている。これが完成した瞬間に、旧101系は多摩線上から姿を消した。


なんで西武線を撮影してるのに、JRのホームにいるかって???
別に運賃をケチったわけではない!


s-DSC_2652
多摩川線を撮影していたのは、201系を撮りに来たついでだったのだ!!
この時期は中央線201系の最後の活躍の時期でもあった。
そのときたまたま多摩川線の旧101系にカメラを向けていたというわけである。

貴重な車両が走っていても、なかなか足が向かない。
さすが、影の薄い独立線系統という感じだ。