ぼくのオタク人生(あかりちゃんのお出かけ)

鉄道の話多め、文章はだんだん雑に。

リバイバルカラーになる前の119系E4編成

119系E4編成と言えば、旧塗装にリバイバルされていたことで有名だった。水色と白の組み合わせは、飯田線の中でも異彩を放っていたし、これに出会えた時は、ぼくも嬉しかった。 119系E4編成の解説はこれくらいにしておいて……↓↓ 驚いたことに、後日自分の写真…

北陸本線の食パン電車419系 トップナンバー車と出会う 2011年1月9日

特急電車には次々に新型車両が導入されていく中、普通電車はボロばかりだった北陸本線。なかにはこんな、やっつけ仕事で作られたような電車も走っていた。 2011年1月9日に北陸を訪れた日、ぼくは419系のトップナンバーに乗ることができた! トップナンバーに…

JR広島駅にやってくる色とりどりの電車たち 国鉄広島 2010年8月9日

今では227系が大量に導入されて大幅に近代化した広島地区のJRだが、数年前までは旧国鉄が製造したボロい電車ばかりで、「国鉄広島」「國鐵廣島」などと揶揄されていた。これはそんな時代の、とある日の広島駅の記録である。山陽本線と可部線の並び。広島地区…

西武の独立線系統、多摩川線に残っていた旧101系とJR中央線201系

西武鉄道には、ほかの西武線と接続していない、いわゆる独立線が存在している。(出典: https://www.seiburailway.jp/railway/ )路線図の下の中央付近にある「多摩川線」がそれにあたる。中央線の武蔵境駅から是政駅までを結ぶ、短い路線だ。白糸台駅は京王線…

運用離脱後の415系白電の記録

2007年3月17日で営業運転を終了したことになっている、JR東日本の415系白電(実際には車両不足で一日だけ復活運転していた)。運用終了後は常 磐線沿線の各留置線に放置されていた。415系が大量に運用離脱していた時期、どうも郡山で解体作業をすることができ…

九州最後のキハ65を撮り損ねた話 ~キハ65 36とキハ58 569の臨時列車~

かつてJR九州には「TORO-Q」という観光列車が走っていた。運行区間は久大本線の南由布~由布院間という、女性やカップルにも絶大な人気を誇る観光地だ。そんなオシャレな観光地をトラ70000形無蓋貨車で駆け抜けるというのだから、面白い列車だ。もちろん、貨…

ぼくがカードキャプターさくらのコミック版を手放さない理由

ぼくは、読み終わった漫画は定期的に処分することにしているが、カードキャプターさくらの原作コミックはずっと手元に置いておこうと思っている。 このページから始まる一連の流れは、ラブコメ脳なぼくのハートに直撃してしまった! 12巻もあるコミックをあ…

小山車両センターに最後まで残った115系Y427編成

小山電車区(現小山車両センター)所属の115系は2004年10月をもって宇都宮線の定期運用から退いた。高崎線からはすでに撤退済みだったため、小山区の115系は続々と廃車になるなどして、姿を消していった。しかし、1編成だけ幸運115系がいた。それがY427編成で…

しなの鉄道115系リバイバル初代長野色(S7編成)と現行長野色

今、しなの鉄道が熱い。信州ディスティネーションキャンペーンに向けて、115系電車のリバイバルカラーが3本登場することになったのだ。その第一弾として、初代信州色をまとった115系が、2017年4月27日から走り出している。第二弾は湘南色が5月20日に登場予定…

グリーンライナーの生き残り 417系訓練車

仙台の電車と言えば、どんな色を思い浮かべるだろうか???みんな大好き701系(ぼくも好きだよ、うん……)。多くの人がこの色を思い浮かべると思う。しかし……。国鉄末期から2000年代中ごろまでは別の色の電車が幅を利かせていた。455系。上の写真は457系だが…

東武東上線の旧接近放送と言えば!!

東武東上線の駅放送のアナウンサーは、男声は関根正明さん、女性は大原さやかさんという、首都圏の私鉄ではおなじみのコンビだ。導入当初は違和感があったが、すっかり東上線に馴染んでしまった。今の放送もいいけど、久々に東上線の駅の旧接近放送が聞きた…

真夏の西日本周遊 九州編 その05 鹿児島最終日 2015.8.16-17

鹿児島中央駅に停車中の415系。鹿児島の415系は配属が少ない割には、朝夕はかなり高頻度で見かけます。 くず物入れが設置されているのが鹿児島の415系の特徴と言えるでしょう。 指宿枕崎線の主力、キハ200形。菜の花をイメージした鮮やかな黄色が美しいです…

真夏の西日本周遊 九州編 その04 桜島フェリーと指宿枕崎線 2015.8.16

この日の午前中は桜島フェリーに乗船して、噴火活動中の桜島へ。24時間運航で非常に便利なフェリーです。 運賃全ては桜島で回収するため、鹿児島側から乗るときに切符を買ったりお金を払ったりするようなことはありません。直接船に乗っちゃいます。 桜島フ…

2008年2月の東武鉄道,野岩鉄道,会津鉄道 東武6050系 JR485系きぬがわ号 元名鉄キハ8500系AIZUマウントエクスプレス

2008年2月、今(2017年2月)から約9年前に鬼怒川方面に旅行に行った際の記録です。 今は見られない車両もあれば、今と変わらない部分もありますが、新型特急リバティの導入を中心とした東武鉄道のテコ入れで、大きく様相が変わりそうな鬼怒川地区の鉄道を取り…

真夏の西日本周遊 九州編 その03 日豊本線を下るPart2 2015.8.15

宮崎~宮崎空港間は青春18きっぷだけで特急に乗れる特例区間です。乗車時間はわずかですが、得した気分になりますね^ ^。 駅を出ると目の前は空港です。当たり前だけど……。 宮崎は鉄道でも自動車でも時間がかかって行きづらい場所というイメージ。寄り道せず…

真夏の西日本周遊 九州編 その02 日豊本線を下るPart1 2015.8.15

この日のスタートは大分駅から。駅の自由通路は自転車で通行する人も見受けられました。 いろいろな行先が表示されている電光掲示板を見ると、旅の気分が高まってきますね。私が乗るのは9時14分発の普通列車佐伯行きです。 この日からは基本的に18きっぷ利用…

真夏の西日本周遊 九州編 その01 一気に大分へ 大分の415系を楽しむ 2015.8.14

九州まで18きっぷで行くと時間がかかって仕方ないので、断腸の思いで新幹線を使います。もちろんのぞみ号に乗るのですが、700系が停車していたので、記念に一枚撮影しておきました。 東京から4時間以上かけて小倉に到着。飛行機よりは時間がかかりますが、在…

初海外・台湾 その08 台湾高鐵(台湾新幹線)&帰国 2016.3.8

3泊した六福ホテルとも今日でお別れ。フロントの人に日本語が通じたのがありがたかったです。旅行前にネットで口コミを見たら「換気扇が爆音をたててる」といった書き込みがあって不安でしたが、何の問題もなく快適に過ごさせていただきました。機会があれば…

初海外・台湾 その07 台北市内観光part3 士林夜市 2016.3.7

すっかり日が暮れてしまいました。台湾名物、大量のバイク。 こんなお店にやってまいりました。 マンゴー味が売り切れということなので、それ以外の味をチョイス。ここに来る前もかき氷食べているのに3つも注文するというバカなことをやってしまいました(爆)…

初海外・台湾 その06 台北市内観光prt2 台北101 2016.3.7

mango chachaのかき氷。原宿と秋葉原にも出店しています。このかき氷の名前は「元カレ」。元カレとでも食べたいおいしさという意味があるのだと店員が解説してくれました。 タクシーの客待ちの列。 台湾のバスは右左折の時、曲がる方向を行先表示器で教えて…

初海外・台湾 その05 台北市内観光part1 故宮博物館・中正記念堂 2016.3.7

この日は一日中台北市内を観光します。まずは故宮博物館へ。博物館まではバスで向かいましたが、相変わらず運転が荒っぽい^ ^; 故宮博物館はこれでもかというほど"白菜"を推していますが、私が行ったとき翠玉白菜は別の博物館で展示中でした。さらに、故宮博…

初海外・台湾 その04 九份(イ分) 2016.3.6

瑞芳駅に戻ってまいりました。ここからは鉄道では行けない場所に向かうので、バス乗り場を探します。バス乗り場であたふたしていましたが、地元の人が助けてくれたので、何とか正しいバスに乗ることができました。 バスって難しい^ ^: 山道をぶっ飛ばすこと2…

初海外・台湾 その03 平渓線の旅 2016.3.6

こちらが平渓線の主力、DR1000型気動車。どことなく日本のローカル線を走っていそうな雰囲気ですが、それもそのはず。製造メーカーは日本車輌製造です。 ガラガラのローカル線だと思っていましたが、台湾人の観光客がたくさん乗っていて車内は満員でした。フ…

初海外・台湾 その02 台鐵に乗る、台北→瑞芳 2016.3.6

この日は台北駅からスタート。日本でも最近人気の台鐵ですね。 奥には高鐵のホームもあります。 予定の列車が来るまで少々撮影タイム。こちらはEMU700型。 EMU800型。 こちらは東武鉄道とのタイアップが決定したTEMU2000形普悠瑪列車。日本の特急列車に相当…

初海外・台湾 その01 出国 2016.3.5

初の海外旅行です。わくわくドキドキ!! 往復の飛行機とホテルを合わせて6万円でした。 スタートは羽田空港です。成田まで行かなくていいので、朝ゆっくりできるのがいいですね。 !!! 搭乗予定の便が3時間遅れ……。ただでさえ台北着は夕方だというのに、…

白川郷へ行く その03 兼六園と飛騨高山 2015.3.22

この日の朝は兼六園の見学です。一度来ているので細かいことはすっ飛ばし~~。 お茶とお団子をいただきました。お茶のほうが、これまたおいしかった^ ^ 場所は変わりまして、飛騨高山でございます。日本一面積が広い市だいうことで、その大きさは東京都に匹…

白川郷へ行く その02 金沢駅見学 2015.3.21

一日の行程をすべて消化した後は宿まで一直線。 夕食まで自由行動です。宿泊する場所は駅前なので、やることは一つ。 北陸新幹線開業に伴い大きな変化があった在来線の様子を見に来ました。運賃表にもIRいしかわ鉄道の文字が載っていて並行在来線が別会社に…

白川郷へ行く その01 2015.3.21

白川郷は個人的に陸の孤島という印象で、実際に公共交通機関でプランを立ててみても満足な行程を組むことができなかったので、バスツアーで行くことにしました。自分で計画を立てるより自由度は下がりますが、たまにはこんなのもアリかと。 最初に立ち寄った…

いわき以北で運行されるE531系を見に行く 2015.3.18

旅のスタートは水戸駅。 カラフルな水郡線のキハE130系。久慈川に沿って走る風光明媚な路線ですが、今回は乗りません。 水戸からいわきを超えて竜田まで直通する列車。原発事故で常磐線が分断される前は原ノ町まで運行されていました。3ドア8両なんで充当車…

信州鈍行列車の旅 後編 しなの鉄道線を堪能する 2015.3.10

しなの鉄道線の坂城駅で下車します。 お目当ては駅の横に保存されている169系。 フェンスが邪魔だなぁ……。 お次はしなの鉄道の車庫がある戸倉駅へ。 JRカラーのままの115系もわずかですが残っています。 戸倉駅のホーム。 留置線に止まっていた115系「ろくも…

信州鈍行列車の旅 前編 中央東線を下る 2015.3.10

だいぶ勢力を伸ばした211系。ロングシート車が来るかボックスシート車が来るかは運しだい。高尾~松本をロングシートで乗り通す可能性もあるわけです。 今回はボックスシート車が来てくれました! 373系ふじかわ号。 313系。身延線はワンマン列車を選べば必…

北海道乗り鉄の旅 その05 北海道最終日、ひたすら時間をつぶす 2015.3.05

2015年冬の北海道旅行最終日。ほぼノープランです。決まっているのは帰りの飛行機の時間だけ。 まずは札幌駅で朝飯を調達。朝ご飯にしては奮発してしまいましたよ! 733系のロングシートで食べる鮭めしはとても美味し~い(爆)。 小樽築港駅でDE15を見かけた…

北海道乗り鉄の旅 その04 正真正銘、711系と最後の別れ&急行はまなす 2015.3.04

エスカレーターを上がってホームへ。 ホームには711系が停車していました。時間を合わせているので当然といえば当然ですが……。 旭川の美しいホームと絡めて撮影。私が711系をここで見ることはもうなさそう。 発車時刻が迫っているので急いで隣のホームに行き…

北海道乗り鉄の旅 その03 富良野線乗りつぶし 2015.3.04

ホームにはすでに根室本線落合行きの列車が入線していました。この列車が落合の一つ先の新得まで運行してくれたら旅の自由度が高まるのに、と思っている同業者は多いのでは? 滝川駅の駅そば。ホームからでも食べることができます。 私は50円で容器を買って…

北海道乗り鉄の旅 その02 札幌駅で撮影&札沼線乗りつぶし 2015.3.04

この日は札幌駅での撮影で一日がスタート。引退通告された785系。早いうちに記録しておきたいですね。 キハ183系「オホーツク」。 反対側は顔が違います。それにしても古いディーゼルカーなだけあって排気ガスのにおいがキツイ。 上野からのカシオペア号もし…

北海道乗り鉄の旅 その01 引退間近の711系を撮る 2015.3.03

旅の始まりは西武線……ではなく京急線。 乗ったのは一本後のエアポート急行。羽田空港まで来ちゃいました。 当初北海道東日本パスを使用した旅を計画していましたが、今年に限って使用期間が3月14日からになっていたため、急遽飛行機利用に切り替えることに………

北陸本線お別れの旅 その05 土居原ボンネット広場&富山ブラック&はくたかお名残り乗車 2015.2.17-18

高岡からは521系を乗り継いで西を目指します。金沢から乗った列車は大聖寺行き。ちょっと珍しい行先です。 こんな駅で降りてみました。 駅前にある「コマツの杜」。世界最大級のダンプトラック「コマツ930E」が展示されています。その大きさは実際に行ってみ…

北陸本線お別れの旅 その04 高岡駅でブラブラ ローズピンクのEF81、国鉄色の北越号 2015.2.17

P.A.WORKSの本社も見れたことですし、駅に戻りましょう。 何やら興味を惹く建物を発見。 じょうはな織館。「おりやかた」と読みます。城端は織物の産地としても有名だったんですね。ちなみにこの建物は国の有形文化財に登録されています。 館内にも入ってみ…

北陸本線お別れの旅 その03 城端線で城端へ P.A.WORKSの本社を見に行く 2015.2.17

富山駅の改札前には複数の売店が並んでいます。 その一角にある「立山そば」で朝食をいただくことに。ちなみにここでお蕎麦をいただくのは初めて。 天ぷらそば。アツアツの湯気が出ています! 立ち食いそばにありがちなゴムのような麺ではなく、手作りの美味…

北陸本線お別れの旅 その02 東滑川駅で撮影&氷見線乗車 2015.2.16

東滑川駅はJRの駅ですが、隣を走る富山地方鉄道も撮影できます。 元京阪3000系。地鉄では10030系と名乗っています。関西大手私鉄の車両なのに、足回りは115系とかと同じMT54という、まさにギャップ萌えな車両。 京阪カラーに戻された10030系もやってきました…

北陸本線お別れの旅 その01 出発 2015.2.16

今回の旅のスタートは高崎線。E233系かE231系の国府津車だろうと思って、ボックスシートが来る位置で列車を待っていたらまさかのE231系小山車が降臨。私が乗る車両はロングシートでした……。まぁ結果的には大宮を出たあたりから混み合ってきて、ボックス席だ…

八高線全通80周年記念リバイバルカラーのキハ110 2015.1.21

昔八高線を走っていたキハ38系のカラーを模したキハ110が走っているということで大回り乗車で八高線へ行ってきました。 特に事前に運用を調べていたわけではないので出会えればいいなぁ程度のもの。 大回りなんで大してお金もかからないし(笑)。今日駄目でも…

ありがとうデハ1002 後編 犬若食堂で昼飯&仲ノ町で撮影 2015.1.10

こんな食堂にやってまいりました。見た目は、看板が落ちてくるのではないかと心配になるほどボロい。中は普通の食堂といった感じ。 サルエビの天ぷらが名物なようですが、海鮮丼指向の強い私は「あずま丼」をいただきました。わさびが利いているマグロ丼とい…

ありがとうデハ1002 前編 笠上黒生駅と外川駅で撮影 2015.1.10

一回分だけ青春18きっぷが余っているのに無慈悲にも学校は始まってしまった。日帰りで行けるところはないか、と探したところ銚子電鉄のデハ1002が引退するとのこと。前回銚子に行ったときにはカメラのバッテリーが切れて、思うように撮影ができなかったとい…

山口・北九州鉄道旅行 その08 後はおうちに帰るだけ 2015.1.4-5

場所は飛んで山陽本線。夕暮れの瀬戸内海です。 徳山駅で山陽本線とはいったんお別れ。岩徳線に寄り道します。家に帰って見返してみたら岩徳線内で一枚も写真を撮影していませんでした。何があった、俺?? 日が落ちちゃって退屈してたのは覚えてる。ひたす…

山口・北九州鉄道旅行 その07 九州鉄道記念館を訪れる 2015.1.4

目的地はこちら。 初訪問の九州鉄道記念館です。入館料は300円也。 生首カットモデル。個人的にはあまりこのような保存方法は好みではありませんが、場所に余裕がない中で最大限に考えた結果なのでしょう。 ED72-1。 あまり見かけない形状をした機関車です。…

山口・北九州鉄道旅行 その06 西鉄貝塚線の313形 2015.1.4

地下鉄貝塚駅の向かい側にある西鉄貝塚駅。 大手私鉄最古の車両、313形を撮影しに来ました。動いているかどうか心配でしたが……、 運用に入っていてくれました。これに乗って撮影できそうな駅を探します。 結局私が選んだのは唐の原駅での駅撮り。ここで折り…

山口・北九州鉄道旅行 その05 唐津城見学&筑肥線乗りつぶし 2015.1.4

翌朝。私が宿泊したホテルからは唐津城が見えました。これは行くしかあるまい。 こじんまりとしたホテルでした。「城内ホテル」の名に恥じない立地。 ノーコメントで……。 唐津城の入り口です。体力がないので、これくらいの石段を登るだけでも疲れてしまいま…

山口・北九州鉄道旅行 その04 福北ゆたか線・唐津線乗りつぶし 2015.1.3

再び折尾駅。門司港駅と同様、レトロな駅舎で有名でしたが、折尾駅舎は取り壊されてしまいました。残念ながら私は未撮影です……。 折尾駅の6・7番のりばは他の乗り場とは少々離れたところにあります。同じ駅なのにいったん改札を出なければなりません。時間に…

山口・北九州鉄道旅行 その03 下関駅で撮影&若松線 2015.1.3

下関駅前の様子。下関駅自体は何回も経由していますが、改札から出るのは初めてです。 駅前にあった重圧感ある建物。中国地方最後のダイエーだった下関店に行こうと思っていたのに、いつの間にか閉店していました。悲しい。 再び駅の中へ。出迎えてくれたの…