読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼくのオタク人生(あかりちゃんのお出かけ)

鉄道の話多め、文章はだんだん雑に。

尾道・北陸旅行

尾道・北陸旅行 その12 松本城&中央東線の新車 2014.8.13

思ったより長引いてしまいましたが、いよいよ最終話です。松本で少し寄り道をば。 ナワテ通り。川沿いにある、古風に整備された商店街です。地方にはさびれていく一方の商店街が多くありますが、ここはいつ来ても活気があるのがいいですね。 松本に来たらい…

尾道・北陸旅行 その11 糸魚川駅観察&大糸線乗りつぶし 2014.8.13

この日は高山本線を乗りつぶす案もありましたが、高山本線は途中下車も楽しみたかったので、結局北陸本線で糸魚川方面へ向かうことに。 こちらは糸魚川駅在来線ホーム。 建設がほぼ完了し、2015年3月の開業を待つ北陸新幹線の糸魚川駅。 糸魚川駅の駅舎。新…

尾道・北陸旅行 その10 富山駅にて 2014.8.13

富山に着いたら国鉄色の475系がお出迎え。一度くらい走行シーンも撮影したい。 こちらはさっきまで乗っていた475系6連。実はこの時点でも随分運用が減っていて、乗れただけでもラッキー。 別の475系6連がやってまいりました。夕方のラッシュ時は比較的運用が…

尾道・北陸旅行 その09 七尾線&のと鉄道を乗りつぶす 2014.8.13

北陸の例にもれず、非自動改札。一日の平均乗車人員(降りる人は含まず)が2万人を超える駅の改札が自動化されていないというのにはビックリ。自動改札が導入されていないことは元々知ってはいますが、訪れてみるとやはり不意を突かれてしまいます。 駅で昼ご…

尾道・北陸旅行 その08 金沢観光 兼六園と金沢城 2014.8.13

福井からはJRで金沢まで移動します。福井駅のホームにはキハ120系のラッピング車が停車していました。 私が乗車するのは521系。昨日に引き続き2両編成です。福井付近は2両編成でも十分な乗車率でしたが、金沢が近づいてくるとだんだんと人が増えてきて、車内…

尾道・北陸旅行 その07 福井鉄道を撮影する 200形を中心に 2014.8.13

宿泊した宿の前を福井鉄道が走っていました。福鉄の併用軌道を走る大型車、通称在来車を撮影するために、しばらく沿線で粘ります。やってきたのは在来車を駆逐する側のF1000形フクラム。こっちの方がお年寄りや体の不自由な方には優しそうだし、置き換えはや…

尾道・北陸旅行 その06 舞鶴線・小浜線を乗りつぶし&福井のカツ丼 2014.8.12

福知山にやってまいりました。ご高齢の特急列車の入線。いつまでもつのかな? 昼飯です。さすがにこれだけじゃ足りないので、おにぎりを2つほど追加で食べました。 223系とタンゴディスカバリーの並び。小さい頃北近畿タンゴ鉄道の「タンゴ」って何のことな…

尾道・北陸旅行 その05 かみちゅ聖地巡礼03&播但線乗りつぶし 2014.8.12

翌朝。手前が私の宿泊していた丸之内ホテル。奥のビルは河合塾(爆)。 朝のお散歩で福山城を散策。地元の人たちも散歩したり、体操したり、思い思いの時間を過ごしていました。城の内部は博物館になっていますが、さすがにこんな朝早くには開館していませんで…

尾道・北陸旅行 その04 尾道・福山観光&かみちゅ聖地巡礼02 2014.8.11

御袖天満宮から次の目的地に行く際に見つけた階段。すごく斜めっています(笑)。 ここはアニメとは関係ありません。ただの港ですが、きれいに整備されていました。 向島に向かうフェリー乗り場。日本一短い航路だそうです。確か運賃はたったの100円だったと思…

尾道・北陸旅行 その03 尾道観光&かみちゅ聖地巡礼01 2014.8.11

糸崎と三原で瀬戸内色の115系を撮影した後は、当初の予定通り尾道をブラブラします。もともと観光地として名高い尾道ですが、今回はアニメの聖地巡礼も兼ねてみることに。 尾道が舞台のアニメといえば、「かみちゅ!」。2005年放送のアニメなので知らない人…

尾道・北陸旅行 その02 岡山駅&115系瀬戸内色 2014.8.11

相生から岡山まではたまたま座れました。岡山駅は何度も利用していますが、駅舎の写真を撮影したことがなかったので、いったん改札外へ。 先日の台風の影響で、特急南風号は阿波池田駅までの運転。幸いにも私の行程には支障がなかったです。日ごろの行いがよ…

尾道・北陸旅行 その01 185系ムーンライトながら&和田岬線に乗車 2014.8.10-11

旅の始まりはJR東京駅。と言いたいところですが、旅行の前にすましておきたい用事があったので、新宿駅からスタートしました。しかし、18きっぷを買う前に小田原までの乗車券で入場してしまいました(泣)。改札内で18きっぷを買える場所はないので、やむなく…