ぼくのオタク人生(あかりちゃんのお出かけ)

鉄道の話多め、文章はだんだん雑に。

ありがとうデハ1002 前編 笠上黒生駅と外川駅で撮影 2015.1.10

一回分だけ青春18きっぷが余っているのに無慈悲にも学校は始まってしまった。日帰りで行けるところはないか、と探したところ銚子電鉄のデハ1002が引退するとのこと。前回銚子に行ったときにはカメラのバッテリーが切れて、思うように撮影ができなかったということもあり、あっさり銚子行きが決定しました。
 
 
途中の行程は端折っちゃいます。贅沢にも特急で銚子やってきました、なんてことはないですよ。鈍行を乗り継いでやってきました。たまたま255系が居たので撮影しただけ。配色的にはかなり好きな形式です。
いつの間にか255系は機器更新が始まってたみたい。形式としてはまだまだ活躍してくれそうだけど、関東では珍しい東芝VVVF音が聴けなくなるってのは正直寂しい。
 
 
まぁ当然イベントなんで混んでいますわな。特に記念乗車券の類は購入しない予定なのでさっさとホームに行きます。
 
 
笠上黒生駅で本日の主役に出会いました。
 
 
 
折り返し列車を待つ間に駅舎を撮影。銚子電鉄はどの駅も味がありますな。
 
 
奥には澪つくし号の客車が留置(放置)されていました。検査通せなくて休車状態なんでしたっけ?銚子電鉄のお財布を考慮すると、復活は厳しそう……。
 
 
デハ1001とデハ1002の協調運転列車がやってきました。この協調運転ができるのもこの日まで。
 
 
こいつに乗って移動します。一般客が乗れるのはデハ1001のみ。銚子電鉄がここまで混むのかというほどぎゅうぎゅう詰めの状態。
乗り合わせていたおばちゃんに「あっち(デハ1002)は空いているのに何で乗れないの?」と尋ねられたので「あっちは専用の切符を持っていないと乗れないんです」と答えたら「あなたはこっちでいいの?」と聞かれました。私的には列に並んで整理券買うのも面倒なんでデハ1001の方で十分。乗っちゃえば大して変わらないっしょ(爆)。
 
 
外川駅にて。デハ801が手前に引っ張り出されてきていました。
 
 
みなさん一生懸命撮影されています。
 
 
にしても本当に人多いなぁ……。キャベツ畑の定番撮影ポイントなんか、それはそれはもう大変なことになっていました。
 
 
前回来たときは駅の正面に車が止まっていて綺麗に駅が写せなかったのでもう一度しっかり撮影しておきます。
とか言いながら微妙に画面に車入っちゃってるけど(汗)。
 
 
デハ801も単体で撮影。だいぶ痛みが激しくなっていますよ。このまま解体なんてことにならないことを願いたいですね。
 
 
いったん銚子電鉄を離れます。
 
 
何の変哲もない住宅街を歩くこと約10分。
 
 
外川漁港に到着。
 
 


ありがとうデハ1002 後編 犬若食堂で昼飯&仲ノ町で撮影 2015.1.10 - 夕暮れの海岸線

つづく
※この記事はyahooブログに投稿したものを一部再編集したうえで掲載しています。
投稿日時:2015-1-24 20:21:16