読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼくのオタク人生(あかりちゃんのお出かけ)

鉄道の話多め、文章はだんだん雑に。

北海道乗り鉄の旅 その04 正真正銘、711系と最後の別れ&急行はまなす 2015.3.04

エスカレーターを上がってホームへ。
 
 
ホームには711系が停車していました。時間を合わせているので当然といえば当然ですが……。
 
 
旭川の美しいホームと絡めて撮影。私が711系をここで見ることはもうなさそう。
 
発車時刻が迫っているので急いで隣のホームに行きます。
列車に乗ってICレコーダーの準備が終わったら即ドアが閉まって発車。結構ギリギリでした。
旭川口の普通列車は少ないので、乗り遅れたら大変。
 
 
滝川駅では特急を先に通すためにしばし停車します。
 
 
キハ183系オホーツク号が入線してきました。これから網走に行くと思うと気が遠くなります。
 
 
オホーツク号は北を目指して走っていきました。国鉄型車両同士の並びもゲット♡
この光景も711系が引退したら見れなくなってしまいます。キハ183系の方も先はそうは長くないはず。
 
 
各方面への列車が続々出発していき、711系だけが寂しそうに佇んでいました。
 
 
3ドア車に初乗車。1組だけのボックスシートが新鮮。個室感覚で面白そうですが、3ドア車にはモーターが無いので、すぐさま2ドアの中間車に移動しました。
 
 
滝川からは1時間かからないくらいで岩見沢に到着。これにて711系乗り収めはおしまい。幸せな時間でした。
 
 
1番線側からも撮影。
 
 
岩見沢駅の有名なオブジェと絡めて。これが711系最後の写真になりました。
今回の旅行を含めて渡道したのは2回だけですが、初めての北海道旅行で711系を乗り回したこともあり、自分の中ではこの車両が北海道を象徴する電車でした。それが引退というのは寂しいですが、これも時の流れ。
起動加速度1.1km/h/sでは札幌都市圏での運用が厳しいのは想像に難くありません。このころはすでに岩見沢~旭川の閑散区間での運用がメインになっていましたが、この区間は駅間が長く、豪快な走りを堪能することができました。
711系、長い間お疲れさまでした。
 
 
岩見沢からは721系で札幌へ。空いている時間に関しては、721系の快適性がほかの車両に比べて群を抜いています。
 
 
札幌の駅ビルの回転寿司で晩飯をいただきます。
値段そこそこ、結構並んだ。その割には味はイマイチ。
 
 
晩飯を済ませたら再びホームへ。
 
 
733系の並び。
 
 
はまなすのヘッドマークを付けたDD51をアップで撮影。
 
 
はまなす号は青森を目指して走っていきました。JR最後の夜行急行。北海道新幹線の工事に伴って運行時刻が変更になることもあり、いつ廃止になってもおかしくない状況にあります。
次に北海道に行くときまで残ってるといいなぁ。
 
 
この日はこれでおしまい。
 
 

おまけ
翌朝
 
 
 
 
 
 
 
 

yuugurenokaigan.hatenablog.com

つづく
前回
初回
01    02    03    04    05
※この記事はyahooブログに投稿したものを一部再編集したうえで掲載しています。
投稿日時:2015-6-7