読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あかりちゃんのお出かけ(あかりちゃんの研究室)

あかりちゃんです。鉄道の話多め、文章はだんだん雑に。

北陸本線お別れの旅 その03 城端線で城端へ P.A.WORKSの本社を見に行く 2015.2.17

旅行 北陸本線お別れの旅
 
富山駅の改札前には複数の売店が並んでいます。
 
 
その一角にある「立山そば」で朝食をいただくことに。ちなみにここでお蕎麦をいただくのは初めて。
 
 
天ぷらそば。アツアツの湯気が出ています!
立ち食いそばにありがちなゴムのような麺ではなく、手作りの美味しいやつです。そういえば駅の中で麺を運んでいる人がいましたっけ。
 
 
ついに北陸本線にも登場したワンマン列車で高岡駅へ。ワンマンとはいえ倶利伽羅駅以外有人駅のため、車掌がいない点を除けばあまり不便ではないというのが乗ってみた感想です。
元々日中は2両編成ばっかりだったしね。当然三セク移管後もワンマン運転は継続されるんだろうけど、いったいどれくらいが有人駅のまま残ってくれるのか……。
 
 
見事なパッチワークの城端線キハ47。
 
 
側線でお休み中のキハ40系4連。
 
 
 
 
 
 
ラッピング車両の多いこと多いこと。
オリジナルの萌えキャラがラッピングされた列車が撮影したかったよ、チクショー。
 
 
高岡駅駅名標。「ふたつか」の部分がシールになっています。シールを剥がすと「しんたかおか」の文字が出てくるんでしょう。
 
 
ラッピング車が車庫の方へ回送されていきました。
 
 
給油してたんですね。何気に給油施設を間近で見るのは初めて。
 
 
城端線に揺られてやってきたのは越中の小京都と呼ばれる城端町。2004年の合併で南砺市という名前になっていたようです。
 
 
城端駅舎。海抜123.4メートル(笑)。
 
 
なんとエッチな名前でしょう(爆)。
セーフティーフレッシュの略でセフレになっちゃったんだと……。セティフとかセレッシュとかじゃダメだったの?
うちの家の近くにも「ほうけい」て地名があるけどね(笑)。
 
 
標高差が激しい地理的特徴から坂の町としても知られています。
なるほど、言われてみれば歩くのがツラかったような。足にくるぅ~。
 
 
大した川ではありません。
 
 
多分このあたりが城端のメインストリート。確かに小京都って感じ。
電柱埋めてもいいかもね。
 
 
城端に来た目的はズバリこれ!
P.A.WORKSの本社。これまた辺鄙なところにあります。
一種のガッカリスポットだって言われてたから覚悟の上で行ったんだけど、想像をはるかに超えてた。行けばわかる。
 
 
本社の前にある坂の方がよっぽど素敵でしたよ、っと。
 
 


お別れの旅 その4 高岡駅でブラブラ ローズピンクのEF81、国鉄色の北越号 2015.2.17 - 夕暮れの海岸線

つづく
前回
初回
01    02    03    04    05    06
※この記事はyahooブログに投稿したものを一部再編集したうえで掲載しています。
投稿日時:2015-3-1 15:45:38