ぼくのオタク人生(あかりちゃんのお出かけ)

鉄道の話多め、文章はだんだん雑に。

パノラマエクスプレスに会いに行く その01 富士急行の電車たち 2013.12.13

富士急で活躍する元JR165系のフジサン特急が期間限定でJR時代の塗装に戻るというので、その姿を見に行くことにしました。音鉄の次いでといった感じなので、しっかりした写真は撮影していません。
 
 
新宿から京王と中央東線を乗り継いで富士急行の発着駅である大月までやって来ました。
 
駅の跨線橋からパノラマエクスプレスの姿を拝むことができました。
 
 
接近して撮影してみました。
 
 
再びJRの構内に戻ります。一日一本のみのあずさ号南小谷行き。本数の割にはよく見かけます。
 
 
これから私が乗るのはこちら。JRから富士急行に直通する列車です。
 
 
高尾方面やらやってきた6両編成のうち、前3両が河口湖行きになります。寒さのせいで切り離し作業にてこずっていました。ご苦労様ですm(_ _)m
 
 
方向幕もしっかり撮影しておきます。
 
 
車内の様子。
 
 
良いんだか悪いんだかわからないような改造が施されたボックスシート。私個人的にはオリジナルの椅子の方が好きです。椅子の硬さは悪くないんだけどね、あの頭のところにある黒い物体が……。
 
 
富士「急行」線といいながら全然スピードが出ず、富士山の山頂には雲がかかってる状態のなか、終点の河口湖駅に到着。115系に限らず、MT54モーターは高速でかっ飛ばすからこそ味があるのではないかと。低速続きだと生殺しですね。
 
 
115系は10時発の高尾行きまでしばらくの間河口湖駅に停車しています。
 
 
隣のホームからは元205系の富士急6000形が発車していきました。
 
 
 
留置線には昔の富士急カラーをまとった1000形が停車していました。
 
 
こちらは1000形としてはオリジナルで最も一般的な塗装。でも色々なカラーが登場したため、遭遇率は低め。
 
 
京王時代のカラーに復刻された1000形。
 
 
水戸岡氏デザインの富士登山電車。乗車には別料金が必要。
 
 


パノラマエクスプレスに会いに行く #02 フジサン特急に乗車 2013.12.13 - 夕暮れの海岸線

つづく
01    02
※この記事はyahooブログに投稿したものを一部再編集したうえで掲載しています。
投稿日時:2014-10-31 10:00:47