ぼくのオタク人生(あかりちゃんのお出かけ)

鉄道の話多め、文章はだんだん雑に。

パノラマエクスプレスに会いに行く その02 フジサン特急に乗車 2013.12.13

先ほどまで側線にいた京王カラーの1000形はこれから運用入りするらしく、1番線に入線してきました。路線自体は単純な富士急ですが、運用は思った以上に複雑のようで、頻繁に車両の入れ替えがありました。
 
 
車内の様子。
 
 
 
 
京王時代の懐かしい広告の数々。「国電が近くなります」の通路はしょっちゅう利用させていただいております^ ^
 
 
一通り撮影した後はしばらく音鉄タイムで河口湖~富士山(旧富士吉田)間を行ったり来たりしていました。フリーきっぷだからこそできる芸当。
 
富士急オリジナルの5000形。いたるところに国鉄らしさが見受けられる車両です。是非とも中央線あたりを爆走していただきたい。
 
 
フジサン特急としてパノラマエクスプレスがやってきました。
 
 
115系との並び。ここだけ初期のJRにタイムスリップしたみたいですね。
 
 
富士急では2000形として活躍しているパノラマエクスプレスですが、車番まで165系時代のものに戻されていました。800番台は低屋根の証拠。
 
 
是非ともパノラマ車からの展望を楽しみたいですが、クハ車ではモーター音が聞こえないのが残念。もっとも、そんなことを気にするのは鉄道ファンの中でも「音鉄」とか「録り鉄」なんて呼ばれる人くらいでしょうけど。
 
 
115系との並びPart2。
 
 
フジサン特急の発車時刻まで2時間以上時間が有ったので、河口湖駅周辺をのんびりお散歩。
 
 
発車時刻が近づいてきたので駅に戻ります。改札口にはホリデー快速河口湖号の表記が残っていました。
 
 
帰りの電車では、うつらうつらしながら急行型のモーター音を堪能しました。
 
 
 
 
河口湖に続き、大月でも行く当てもなくお散歩しました。
 
 
大月を散歩した後は中央本線で八王子まで行き、そこから八高線に乗車。
 
 
りんかい線の209系。
 
 
205系とキハ110の並び。新車並みの変貌を遂げた205系と並ぶとキハ110も随分貫禄がある車両に見えます。割と引退するときには人気が出そう。
 
この後は八高北線両毛線宇都宮線を乗り継いでおうちに帰りましたとさ。
 
 
~おしまい~
前回
01    02
※この記事はyahooブログに投稿したものを一部再編集したうえで掲載しています。
投稿日時:2014-10-31 10:00:49