読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼくのオタク人生(あかりちゃんのお出かけ)

鉄道の話多め、文章はだんだん雑に。

福島へ行く その02 東北へ突入 2014.9.3

凝ったデザインをした宝積寺駅の天井。
 
 
跨線橋から黒磯方面を望む。
 
 
宝積寺からは再び東北本線を北上します。205系が幅を利かせる区間ですが、たまたまE233系がやってきました。
 
 
黒磯まで行くE233系はどれくらいあるのかわかりませんが、ちょっと特別な感じを味わいました。
 
 
首都圏の通勤車が走る直流区間は黒磯でおしまい。
 
 
いよいよ東北へ。黒磯の1・2・3番線と4・5番線を結ぶ跨線橋が狭く混雑するため、乗り換えは意外と大変。
 
 
私たちが乗車する列車は719系の4両編成でした。18きっぷの期間に2両編成では混雑しすぎて旅情もクソもありませんが、4両つないでいるとゆったり座れていいですね。
 
 
福島の経済の中心地といえる郡山に着きました。連結作業のためしばらく停車。東北本線をさらに北上する場合、ここで乗り換えになるパターンが多いですが、福島行きなので乗り換えの手間が省けました。
 
 
磐越西線専用の719系会津マスコットキャラクターあかべぇ」がラッピングされています。
 
 
郡山の一つ隣、日和田駅で下車。
 
 
列車は福島へ向かって走っていきました。ちなみにさきほど乗っていた福島行きは福島から仙台行きに化けます。
 
 
電柱についている駅名標も撮影しました。
 
 
電車が行った後なので誰もいません。
 
 
日和田駅の駅舎。無人駅です。
 
ここからは徒歩で友人の祖母宅へ。駅から30分も歩かなければいけないと聞いていたので、周りに田んぼくらいしかないような田舎だと勝手に解釈しておりましたが、普通の住宅街でした。しかも家のすぐ横を東北本線が走っているという……。田舎というよりは単純に立地が悪いだけでした。
 
 

つづく
前回
初回
01    02    03    04    05
投稿日時:2014-11-13 9:45:24