読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あかりちゃんのお出かけ(あかりちゃんの研究室)

あかりちゃんです。鉄道の話多め、文章はだんだん雑に。

福島へ行く その04 あぶくま洞へ part2 2014.9.4

旅行 福島へ行く
1200円の入場券を購入してあぶくま洞の中に入っていきます。
 
 
 
 
 
手持ちではこれが限界。みなさん思い思いに写真を撮っていくのでなかなか先に進みません(笑)。もっとも、一番スローペースで進んでいたのが私ですが(爆)。
 
 
すごくきれいな池?だったので何度も撮影しましたが、どうしてもぶれてしまいます。多分これが一番マシな写真かな。
 
 
洞窟内には無料で回れるコースと、本来200円の追加料金がかかる探検コースがあります。当初無料で回れるコースを行く予定でしたが、料金所のおじさんが半額でいいといってくれたので、お言葉に甘えて探検コースを行くことにしました。
 
 
探検コースは通常のコースに比べて険しい道のりになっています。
 
 
この辺で一般コースと合流。敵のアジトに乗り込んだ気分です。
 
 
 
洞窟内ではワインを醸成しています。このあぶくまワインはあぶくま洞の売店などで購入可能。一応この旅行をしたときはぎりぎり未成年だったので購入は我慢しました。次回訪れた際は是非購入してみたいですね。
 
 
洞窟を出たところには日本庭園がありました。
 
 
さてと、もと来た道を戻ります。また1時間も歩くのかぁ。駅に着くころには日が暮れていそう……。
 
 
と思って山道を下っていたら、山から下りてきた車が私たちの横に停車しました。そして、車に乗っていたおばちゃんが私たちのところにやってきました。何事かと思ったら、下まで送っていってくれるとのこと。話を聞いたところ、このおばちゃんは前回の記事に登場した私が牛丼を食べた食堂の従業員さんだそうで。
 
いや~、車は速いですね!。ほんの数分で磐越東線の菅谷駅に着いてしまいました。時間を見てみたところ予定の1本前の列車に乗れそう。おばちゃん、ありがとう!!
 
先ほどの車の中でおばちゃんと話していると、震災の話題になりました。福島原発の事故の影響であぶくま洞へ来るお客さんはだいぶ減ったようです。悲しいことですが、原発から近い場所ですのでこればっかりはどうしようもないのかもしれません。考え方によっては、人が少ない今のうちが写真を撮り易くていいのかも。でもやっぱり観光地は人でにぎわってる方がいいですよね。はやく元気になぁ~れ!
 
 
菅谷駅併設のトイレ。とても綺麗です。
 
 
駅の看板に書かれている入水鍾乳洞は文字通り水がいっぱいの、あぶくま洞よりも本格的?な鍾乳洞だそうです。
 
 
駅名標磐越東線は「ゆうゆうあぶくまライン」の愛称がついています。
 
 
列車の明かりが見えてきました。
 
 
郡山行きの列車は6分遅れで菅谷駅に到着しました。4両編成なので比較的すいていました。
 
 
郡山に到着。折り返し列車にはたくさんの学生が乗車していきました。
 
 
一枚だけ東北本線の列車を撮影。矢吹行きの719系と福島行きのE721系E721系はほとんどが仙山線にまわされたため、東北本線常磐線で見かける機会は減ってしまいました。
 
 
この日はここまで。
 
 

つづく
前回
初回
01    02    03    04    05
投稿日時:2014-11-13 9:45:31