ぼくのオタク人生(あかりちゃんのお出かけ)

鉄道の話多め、文章はだんだん雑に。

真夏の西日本周遊 九州編 その04 桜島フェリーと指宿枕崎線 2015.8.16

   

この日の午前中は桜島フェリーに乗船して、噴火活動中の桜島へ。24時間運航で非常に便利なフェリーです。



運賃全ては桜島で回収するため、鹿児島側から乗るときに切符を買ったりお金を払ったりするようなことはありません。直接船に乗っちゃいます。



桜島フェリー名物「うどん」。乗船時間が短いため、乗ったらすぐに買いに行くのが鉄則。香川の人に言わせればイマイチらしいですが、東日本の人間には十分なくらいおいしかったです。



15分ほどで桜島到着でございます。



桜島桟橋。特に観光の予定はないので、次の便で鹿児島に戻ります。
いつも通りのトンボ帰り。



午後は指宿枕崎線乗りつぶし! 指宿のたまてばこ……には乗りません^ ^。



貧乏学生はおとなしくこっちですね。



開聞岳には雲がかかっています。
西大山駅で一瞬だけ降りて撮影しようとしていた鉄道ファンが置いていかれてしまいました……。停車時間がわずかな時は気を付けないといけないですね。



終点の枕崎に到着。線路状態が悪すぎて揺れまくっていたので、結構疲れました。



最南端というわけではないですが、南の果てに来た気分になります。





枕崎という地名は耳にしたことがある人も多いかと思いますが、駅自体は線路が一本だけの無人駅。昔は鹿児島交通が乗り入れていて、さぞ賑やかだったのでしょう。




駅前のタイヨーというスーパーで食料を買って、あまり評判がよろしくないらしい いわさきバスで鹿児島中央駅を目指します。指宿枕崎線の折り返しまで1時間以上ありましたし、盲腸線をそのまま折り返すのはあまり面白くないので……。



再びJR鹿児島中央駅です。特急はやとの風号。普通列車から特急列車まで幅広く担当する気動車はキハ40系列くらいしか聞いたことがありません(爆)。



817系で鹿児島本線川内駅へ。



新幹線開業によって鹿児島本線は分断されてしまいました。川内より先は肥薩おれんじ鉄道になります。全国の並行在来線関係の三セクの中でもかなり経営は苦しいそうです。



ちょうど肥薩おれんじ鉄道の列車がやってきました。JRに一駅だけ直通する隈之城行きです。


特にやることはないですが、変に乗り残しを作らないためにわざわざ川内までやってきたわけです。
新幹線開業後もJRとして残った区間と三セクに分離された区間の格差を思い知らされて、とても複雑な気持ちになりました……。
この後は先ほど乗ってきた列車の折り返しで鹿児島中央駅に戻ります。


~つづく~