読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あかりちゃんのお出かけ(あかりちゃんの研究室)

あかりちゃんです。鉄道の話多め、文章はだんだん雑に。

尾道・北陸旅行 その03 尾道観光&かみちゅ聖地巡礼01 2014.8.11

旅行 尾道・北陸旅行
糸崎と三原で瀬戸内色の115系を撮影した後は、当初の予定通り尾道をブラブラします。もともと観光地として名高い尾道ですが、今回はアニメの聖地巡礼も兼ねてみることに。
 
 
尾道が舞台のアニメといえば、「かみちゅ!」。2005年放送のアニメなので知らない人もいるかもしれません。簡単に説明すると、尾道市をモデルにした町を舞台に、神様になってしまった中学生とその愉快な仲間たちが繰り広げる日常を描いた作品といったところでしょうか。所謂ゆるふわ系アニメですが、最近の日常アニメのような賑やかな雰囲気というよりは、落ち着いた雰囲気のアニメです。
 
今回は舞台探訪総研さんを参考に各スポットを巡りました。
 
アニメ本編ではこの風景が描かれた場面で、マスカット色の103系が登場しました。
 
 
歩いていたら良さげな場所があったので、適当に撮影。
 
 
反対側からは213系がやってきました。213系は本州と四国を結ぶ快速マリンライナー用の車両として登場した車両です。マリンライナーから撤退した後は、宇野線伯備線で運用されていることが多く、山陽本線では意外に少数派。見れたらちょっと得した気分^ ^
 
 
3+3の6両編成で、後ろ3両は未更新車でした。
 
 
主人公たちが通う学校のモデル。ここを見ても感動が薄いですが……、
 
 
書道部の部室()も実在しました! アニメで見たのとそっくり。これを見れただけでも訪れた甲斐があるというもの。
 
 
アニメとは関係ないですが、手前は本州、奥は向島。アニメ本編では向島もちょくちょく登場したみたいですが、時間の関係で今回はパス。
 
 
続いて訪れたのは駅から1kmくらい歩いたところにある艮(うしとら)神社。作中でたびたび登場する来福神社のモデルの一つです。
 
 
この本殿が来福神社の本殿のモデルです。先ほどの学校同様、本殿”だけ”は来福神社にそっくり。しかし、本殿以外の風景があまりに似ていないことに驚きました。聖地巡礼サイトには作中とそっくりのカットが多数上がっているのに……。
 
 
結局充電が残りわずかなスマホで調べたところ、本殿以外はほかの場所がモデルになっていることがわかりましたので、そちらに向かうことに。下調べが甘すぎましたね(爆)。ちなみに、艮神社の境内にはロープウェーが通っています(笑)。
 
 
起伏に富んでいて、坂や階段が多いのが尾道の街並みの特徴です。バリアフリーの観点からするとあまりよろしくなさそう。若いうちに訪れたい街ですね。
 
 
ここが来福神社のもう一つのモデル、御袖天満宮です。危うくスルーしてしまうところでした。
 
 
 
 
 
何とか見つけられて本当によかった。というか気づいてよかった。
 
※比較画像は気が向いたら載せておきます。
 
 

つづく
前回
初回
01    02    03    04    05    06    07    08    09    10    11    12
投稿日時:2014-10-27 11:09:22