ぼくのオタク人生(あかりちゃんのお出かけ)

鉄道の話多め、文章はだんだん雑に。

グリーンライナーの生き残り 417系訓練車

仙台の電車と言えば、どんな色を思い浮かべるだろうか???


s-DSC_0302
みんな大好き701系(ぼくも好きだよ、うん……)。多くの人がこの色を思い浮かべると思う。


しかし……。
国鉄末期から2000年代中ごろまでは別の色の電車が幅を利かせていた。

s-DSCN1073
455系。上の写真は457系だが、実質455系だと思っていただいて大丈夫だ。

s-DSCN1133
常磐線を中心に運用されていた717系。

この白と濃い緑の組み合わせ、いわゆる「グリーンライナー」が仙台の電車の証だったのだ。
417系、455系、717系の3系列がこのカラーだったが、時代の流れに逆らえず、仙台にも銀色電車が増えていった。
そして2007年、E721系が導入されると、「グリーンライナー」は瞬く間に置き換えられてしまったのである……。
いくら地方都市とはいえ、仙台圏で2ドア車では役不足だったようだ。

そんなこんなで約20年の歴史に幕を閉じた「グリーンライナー」。
しかし、引退から10年たった2017年の今でも仙台で「グリーンライナー」を見ることができる!!!!

s-DSC_0489
!!!!!!!!
ななななんと!!
訓練車として417系が一編成、まるまる残っているのだ!!
現役時代はK−4編成として運行されていた。
訓練用の機械という扱いのため、お客さんを乗せることはできないが、きちんと自走できる
実質動態保存だ。

この訓練車は普段は東北本線利府支線の新利府~利府間に留置されているようだ。
JR東日本は訓練車を減らしていく傾向があるので、この417系もいつ無くなるかわからない……。
一昔前の仙台の電車の面影を感じたい方は、ぜひ利府支線へGO!!!!