読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あかりちゃんのお出かけ(あかりちゃんの研究室)

あかりちゃんです。鉄道の話多め、文章はだんだん雑に。

信州鈍行列車の旅 後編 しなの鉄道線を堪能する 2015.3.10

しなの鉄道線坂城駅で下車します。



お目当ては駅の横に保存されている169系。
フェンスが邪魔だなぁ……。



お次はしなの鉄道の車庫がある戸倉駅へ。



JRカラーのままの115系もわずかですが残っています。



戸倉駅のホーム。




留置線に止まっていた115系「ろくもん」。



クハ115-1021



モハ114-1052



クモハ115-1529



しなの鉄道カラーの115系。6連運用がない今、このような姿が見れるのは車庫内だけ。



戸倉始発の長野行きが入線。



3+2両の5両編成。しなの鉄道の普通列車としては今のところ最長。



戸倉~小諸間はJR車の運用に当たりました。2015年3月のダイヤ改正以降はしなの鉄道所属の115系で運行されているそうです。



小諸駅に留置されている189系。ASAMAのロゴが復活した編成もあるようですが、残念ながらこの編成はソレではありませんでした。



反対側からも撮影しておきます。



小諸駅1番線の特徴的な柱。



小諸~軽井沢間はしなの鉄道115系でしたが、塗装はJR東日本時代のまま。徐々に塗り替えられてるみたいなので、記録はお早めに!



私にはもったいないくらいオシャレな軽井沢駅



碓氷峠をJRバスで超えていきます。



いつの間にか夜間無人駅になっていた横川駅。これもコスト削減策の一つ。田舎の駅だけでなく、都心でも似たようなことをやっているのだから驚きです。
まぁ末永く路線が残ってくれる方が良いので、多少の不便には文句は言いませんよ。



改札口にすら人がいないのですから、当然おぎのやは閉まっています。晩飯はお預けですね(泣)。





横川からは再び115系に揺られて家路につきます。


~おしまい~
前編    後編
投稿日時:2015-8-1