読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼくのオタク人生(あかりちゃんのお出かけ)

鉄道の話多め、文章はだんだん雑に。

和歌山・徳島・倉敷周遊旅行 その04 南海フェリーで四国・徳島へ渡る 2014.3.10

日付が変わって、3月10日の話です。
 
この日はホテルで無料朝食が提供されるということだったので、ありがたく頂きました。
 
あまり時間に余裕が無いので、ご飯をいただいたら速攻でチェックアウト。
 
 
まずは、
 
和歌山駅で朝の撮影を少々。和歌山駅まで来る阪和線の4ドア通勤車は朝と深夜だけ。数年前までは日中でもバンバンやってきてたのに、いつの間にか223系と225系に置き換えられていました。
 
 
この日の和歌山市行きは「万葉の四季」ラッピング車が充当されていました。
 
 
反対側も撮影。
 
 
205系のリニューアル車もやってきました。これにて朝の撮影終了。かなり時間が押してます。
 
 
ここでしばし鉄道とはお別れ。
 
和歌山港に行くバスに乗ります。※画像は前日に撮影したものです。
 
和歌山港への到着時刻は、船の時間に合わせて結構ギリギリに設定されているのですが、なんとバスが遅れてしまいました。
 
”このままではフェリーに乗れなくなるかも”とかなり焦りましたが、船のほうが待っていてくれたのでギリギリセーフ(かなりアウトに近かったけど)
 
高速で切符を買って飛び乗りました。
 
 
私ともう1名を拾ったら、即出港。
次の便は2時間後だからねぇ。間に合って本当に良かった。
 
 
無事乗船したところで、船内を観察します。
 
 
 
スロットのコーナーもありました。
 
売店。フェリーのオリジナルグッズも置いてます。
 
睡眠を取れる場所もあります。
 
私は↑ココに陣取りました。アイスを食べながら、佐村河内氏の会見をみて、まったり2時間の船旅を楽しみます(爆)
 
 
2時間なんていうのはあっという間なもんで、あっさり徳島港に着いてしまいました。
 
↑これが痛フェリーなんて呼ばれる所以です。左が「高野きらら」ちゃん、右が「阿波野まい」ちゃんです。詳しくは南海フェリーのホームページで(笑)
 
 
ようこそ徳島へ。2度目の四国、初徳島です。歓迎されると嬉しいね(爆)
 
 
2人に見送られて、
 
 
徳島港をあとにします。ここからは徳島市営バスでJR徳島駅に向かうわけですが、
 
 
痛バス登場!
私の知らない作品です。
 
 
20分くらいバスに揺られてJR徳島駅に到着。
 
 
まずは徳島運転所を観察。
 
 
 
 
 
かなりのキハ40,キハ47がニートしていました。鳴門線の一部便を除いて朝夕しか運用が無いみたいですし……。
 
 

つづく
前回
初回
01    02    03    04    05    06    07    08    09    10    11    12    13
投稿日時:2014-10-23 21:14:24