読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼくのオタク人生(あかりちゃんのお出かけ)

鉄道の話多め、文章はだんだん雑に。

和歌山・徳島・倉敷周遊旅行 その05 うずしお号で四国を大急ぎで移動 2014.3.10

前回、徳島駅での撮影のことを書きましたが、容量の関係で2枚だけ持ち越ししました。
 
特急うずしお号。たった2両編成の特急です。
 
 
徳島でもっとも良く見かける気動車、キハ1200です。
 
 
徳島駅のホームは、古めかしい雰囲気のあるホームでした。
 
 
さて、徳島駅での撮影を堪能した後は市内を歩くことにします。
 
日本で唯一「電車」が無い県ということで、もっと寂れた駅舎を想像していたのですが、ご覧のとおり立派なビルを併設しています。
 
 
駅前には「そごう」もありました!
 
 
街中を流れる新町川。川岸がいい感じに整備されていました。水も綺麗!
 
 
キャンペーンの対象外になることも多かったアニメイト徳島店。最近は改善気味。品揃えは……、お察し。
 
 
再び駅に戻り、駅弁を購入してホームに行きます。
 
 
本来乗車予定だったキハ1500の普通列車高松行き。徳島→高松の距離で特急に2回も抜かれるなんて馬鹿らしいので、思い切って特急乗車に変更。
 
 
うずしお号に乗車。例によって2両編成です。
 
 
徳島駅の売店で買った阿波地鶏弁当。900円くらいでした。
 
 
美味しかったです。表現力が乏しくてこれ以上のことは言えません(爆)
 
 
1時間程度の乗車で高松駅に到着。普通列車を2回抜きました。JR四国の特急誘導作戦ですね。見事に乗せられました(笑)
 
高松駅にはレアな6000系がいらっしゃいました。この列車、所定では113系だったはずですが……。どうやら故障していたみたいですね。
 
 
マリンライナー。何度も見たことがありますが、未だ1度も乗車したことがありません。
 
 
右が私を高松まで運んだうずしお号。左は121系ワンマン改造車。ボックス席の数が減らされています。
 
 
いったん改札を出で、駅舎を撮影。JR四国のお膝元ということで、立派な駅舎が聳え立っています。昔はここから連絡船で本州に行っていたようです。瀬戸大橋の開通で随分便利になったんじゃないでしょうか。
 
 
再び改札内に戻って、
 
8000系を撮影。新車も登場し、今後の動向が注目されます。
 
 
JR四国7000系。高松近郊では121系の影でひっそり活躍している印象がありますが、予讃線伊予西条以西の区間では主力車両です。
 
 
こちらがこれから私が乗車する列車です。途中宇多津駅まで乗車。
 
 
 
宇多津駅では特急の連結作業を見ながら、次の列車を待つのでした。
 
 

つづく
前回
初回
01    02    03    04    05    06    07    08    09    10    11    12    13
投稿日時:2014-10-24 10:30:39